宇宙人アミ

宇宙人アミ 全巻を読んで 感じたこと(総まとめ)

アミ小さな宇宙人、もどってきたアミ、アミ 3度めの約束の全3巻を読んで感じたことや気づいたことをまとめました。

高次の存在が伝えたかったこと、本当の意図すること

このアミシリーズを通して、高次の存在達が一番伝えたかったことは、愛と調和を意識することで波動が軽くなり、地球上の人類(人間/ヒト)の意識/精神が進化するのを促すことです。地球が進化することで、宇宙全体の進化に繋がるからです。宇宙の意識はワンネス(1つ)です。高次の存在達にも影響があることだからです。

今の地球は、嫉妬、妬み、恐怖、罪悪感、無価値観等のネガティブで重い波動ばかりです。
その原因は重い波動をエネルギーにしているネガティブな意識の存在がいるからです。この重い意識によって地球全体がポジティブで軽い波動にならないように地球は支配されています。
そもそも宇宙には本来、善い悪いは存在しないので、存在するのはそれぞれの意識の価値観のみです。なので、恐怖などの重い波動が好きな意識やそれを体験したい意識には現状維持でいいわけです。

しかし、ポジティブで軽い波動の愛と調和に価値観を見出す意識、それを選択したい意識は、現状の地球だと、幸せを得るどころか、生きにくくてしかたがない。今の地球は恐怖や悲しみが蔓延する惑星だからです。それでは意識が軽くなるどころか、逆にますます重くなっていきます。
そういった環境の地球に存在しているポジティブ思考の意識たちのために、どうやったら、現状を打破できるかをポジティブ側の高次の存在達は啓蒙しているわけです。その手段の1つが宇宙人アミシリーズというわけです。

宇宙の過渡期

今の地球は2万6千年周期で1周する宇宙のサイクルの過渡期を迎えています。
これは宇宙のサイクルなので高次の存在でも抗うことはできません。
今までの地球は物質を重視する世界でしたが、目に見える世界にしか重きをおかない価値観では、人類の進化は行き詰ります。しかし、それがネガティブな意識存在が意図するところなのです。なので、このままではおそらくですが、第三次世界大戦が起きる可能性があるでしょう。さらにその後にはネガティブな意識存在は統一政府、ワンワールドを画策しています。このネガティブな意識存在の目指すワンワールドは勿論アミに出てくる、庶民が中心となる統一世界ではありません。真逆です。ネガティブな意識存在を頂点とする完全ピラミッド構造で、庶民を完全に管理・支配することが目的なのです。
その世界でははおそらく愛や調和の光が届かなくなるでしょう。
後でも説明しますが、ポジティブを選択した意識とネガティブを選択した意識が完全に別れるからです。

現状を打破する唯一の方法とは?

では、愛と調和に生きる意識存在にとって、今の地球の現状を打破する唯一の方法とは、それは自らの意識を変えることで、波動を軽くすることなのです。
重い波動と軽い波動はテレビのチャンネルと同じように同居できません。
なので、重い波動の存在達からは軽い波動の存在が見えなくなるのです。
つまり重い波動の影響を受けなくなるのです。

惑星地球も意識進化する!

前出の宇宙のサイクルが原因で、惑星である地球が意識進化を選択したようで、今の3次元から5次元に移ろうとしています。つまり、地球も愛と調和を選択して、軽い波動に変わろうとしているのです。

2つのチャンス到来!

今、宇宙のサイクルと地球意識の変化の両方に乗じて、人間も愛と調和に意識進化できるという、またとない相乗りの機会に恵まれているわけです。
この宇宙のサイクルにはいくら進んだネガティブな意識存在でも抗うことはできません。
まさに今、絶好の機会が到来しているのです。

”宇宙人アミ”の本当の役割

愛と調和を啓蒙している宇宙人アミの小説は、意識進化を促します。現状打破には強力な道標となり得ます。今まさに必要とされているものなのです。ただし、それは愛と調和を選択しようとしている意識に限りますが。
もっとも、小説宇宙人アミシリーズが出版社から再販されないのはネガティブな意識存在の意図なのかもしれません。ネガティブな意識からしたらアミのような波動を軽くする本は邪魔でしかたがないはずです。ネガティブな意識存在たちが再販しないように仕向けるのは必然だといえます。

宇宙人アミに書かれている重要な内容だけをまとめて記事にしました。
>>> まるで予言書!?宇宙人アミのエッセンス まとめ ※coming soon

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。