宇宙人アミ

「もどってきたアミ」第2章 岩の上にある(?)ハートのマーク

<< 「もどってきたアミ」第1章 疑いの気持ち

第2章 岩の上にある(?)ハートのマーク

もう日も落ちかけていたので、ビクトルは岩を見に行くのはやめてテントをはろうと主張した。でも、僕はなんとか彼を説得して、直ぐに岩のところに向かうことにした。

「しかたがないな。まっ、直ぐ近くにいることだし・・・。でも暗くなりはじめているよ。直ぐ夜になる」

「大丈夫、まだまだ明るいよ。はやく行こう。さあ」

僕たちは車を岩へ続く小道に止めて、海に向かって歩きはじめた。だんだん暗くなってきて、大きな月が姿をあらわして、あたりを照らしはじめた。”あの満月の夜”を思い出した。

水面にキラキラと反射する光。入江の向こう側に火花をちらしたように輝いて見える温泉場。全てがあのときと全く同じだった。

感動で胸がときめき、歩調がはやまった。それにひきかえ、いとこのビクトルときたら、あきれるほどもたもたしていた。

「暗すぎてよく見えないよ。足もとも滑るし・・・」

「一歩一歩しっかり歩けばいいんだよ」
僕はずっと後方にいるビクトルに向かってさけんだ。

「おーい。明日にしようぜ・・・、昼間に」

「なに言ってんのさ。もう目とはなの先だよ」

突然、後方でなにか音がした。ビクトルになにかあったんだ。
「ペドゥロ――ォ!」

「ビクトル、どうしたの?」

「水の中に落っこった。はやくきて、助けてくれ――!」

「ただ石の上を歩くだけのことさ。水の中じゃなくて」
と言いながら、ビクトルのほうへ向かった。

「俺には全然見分けがつかないよ。暗くてみんなまっ黒だ。手を貸してくれ」

「そうやってなにも見えないって自分で決めつけてしまえば、そのとおりになってみんな闇にしか見えないよ・・・」

「見てくれ、靴がずぶ濡れだ。なんてこった!もうよそう。明日にしようぜ」

目指す岩までもうほんのちょっとだっていうのに、明日まで待たなければならないなんて、あまりにもくやしすぎる。

「でも、もうほとんど着いたも同然だよ」

「ああ、でもこのあたりはよく滑るし危ないよ。岩にはコケだか海草だかがやたらといっぱいはえているし、潮も満ちてきている。滑って骨でも折るといけない。今日はこのまま戻って海岸にテントを張ろう。大人しく寝て、明日の朝にでも見にこよう」

「ビクトル、危ない!波が来た。こっちの岩にとび乗って!」

「エッ!波!アッ!」

ジャボーーン!
今度は首までズッポリと水につかってしまった。

30歳にもなっていないのに、僕のいとこときたら全く年寄りみたいだ。
砂浜にテントをはってビクトルが着替えをしているあいだ、僕はブツブツ文句を言いながら、たき火の用意をした。

「全く、ガキの言うとおりになんかするから、こんなことになるんだ・・・」
ビクトルがぐちった。

「全く、年寄りはしょうがないや・・・」
と僕は言い返してやった。

「安心して。もう乾いているよ。ビクトルはもう寝てよ。そのあいだ、僕はちょっとひとりで岩まで行ってみるよ。直ぐ帰ってくるから」

「絶対ダメだ。こんなに遅く。あそこで何が起きるかわからない。もう寝よう。すごく眠たくなってきた」

僕にはとても簡単なことに思えたし、実際そうなんだ。それなのに大人っていうのは、全てのことを、恐ろしく困難に、単純なことをとても複雑に考えるという信じられないほど変な美点がある・・・。

「でも・・」

「だまって寝な!」

僕はしかたなく、彼の言うとおりにした。でもビクトルが寝たあとに・・・。

「わかったよ。寝よう。寝て時間でもつぶそう・・・」

でも、ビクトルが寝たら・・・。

僕は長いあいだ、暗闇の中で獲物を待ちぶせるヘビのように待った。ずいぶんと長い時間がたったような気がする。やがてスヤスヤという寝息が聞こえてきた。ビクトルはやっと眠りに着いたようだった。

僕は注意深く音をたてないよう、そおっと寝袋の中からはい出した。テントの入口から頭が半分出かかったとき、突然ビクトルの手が僕の腕をつかんだ。

「どこへ行くんだ?」
ビクトルが開いた。

「えーと、あの――、外、ト、トイレ、そうトイレ・・・」

完璧な口実だ!
いい考えがひらめいたもんだ。まさか、トイレに行くな、とは誰も言わないだろう。

「わかった。でも、直ぐに戻ってくるんだぞ」

「心配しないで。直ぐに戻るから」

彼は僕の言うことをまに受けた・・・。

テントの外に出るやいなや、僕は稲妻のような勢いで僕の岩”に向かって走り出した。
奇妙な力が僕に乗りうつったような感じがした。

僕はまるでウサギのように、石から石へと飛びはねるように進んだ。そして数秒後にはもう、あの岩の下にたどりついていた。

感動で胸がいっぱいになった。岩はだをやさしくなでた。この瞬間をどれほど長く待ち望んでいたことだろう!

あとはただ岩をのぼりさえすれば、そしてハートのマークを確認しさえすればいい・・・。
でも、ひょっとして・・・ひょっとしてなかったとしたら・・・?

そう疑ったとき、あの不思議な力が僕の中から急に消えうせた。

僕は、大人のように疑いと恐怖で頭をいっぱいにして、ひどく苦労しながらのぽりはじめた。あちこちで足を滑らせながら・・・。でも、とうとう登りきった。てっぺんに着いたんだ!

感動にひたりながらゆっくりと岩の上を歩きはじめた。暗くてマークの地点はまだ見えなかった。

歓喜と不安のあいだを行き来しながら、そして、それをかみしめるように、胸をときめかせながら少しずつ近づいていった。

ついにめざす地点にたどり着いた。そして、すみずみまでたんねんにハートのマークをさがしまわった。しかし、なにも見つからなかった・・・。

なかった!なかったんだ!

「最初からなかったんだ。あれはみんな僕の空想だったんだ。夢だったんだ・・・」
ひどく落胆してつぶやいた。

「僕は夢じゃないよ」
と、僕の背中のほうから聞きなれた、なつかしい声がした。

自分の耳を疑いながら、おそるおそるゆっくりとふりかえった。

目の前に小さな白い人影が立っていた。いつものようにほほえみを浮かべた、僕の大好きな小さな宇宙人、がそこに立っていた。

「アミ!」

>>>「もどってきたアミ」第3章 念願の再会

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。