宇宙人アミ

「アミ小さな宇宙人」第2章 宙に浮かんだペドゥリート

<< 「アミ小さな宇宙人」第1章 墜落UFO

第2章 宙に浮かんだペドゥリート

もう夜もかなり遅くなってしまったので、「僕の家にきて泊まっていったらいい」
と彼に言った。

「僕たちの友情に、大人は介入させないことにしよう」

と彼は、鼻にしわをよせて笑って言った。

「でも、僕、もう帰らなくちゃ・・・」

「きみのおばあちゃんは、今ぐっすりと眠っているから、少しぐらいここで話しこんでいても、全然問題ないよ」

またもや、僕は大きな驚きを感じた。

「でも、どうして僕のおばあちゃんのことを知っているの?」

彼が宇宙人であることを思い出した。

「きみ、僕のおばあちゃんを見ることができるの?」

「さっき僕の円盤から、ちょうど眠りについたところを見たよ」

とややいたずらっぽく言った。

そして、喜びに満ちた声で、

「海岸を散歩しよう!」

と叫ぶと、急に飛び起きて、高い崖のふちまで走っていき、いきなり下の砂浜にむかって身を投げた!

まるで、カモメのように、ゆっくりゆっくりと、滑るように降りてゆく。

もうこの小さな宇宙人のすることに、いちいち、驚いていてはいけないんだと自分に言い聞かせ、僕は高いがけっぷちをできるかぎり注意深く降りた。

「どうやってやるの?」

今、彼の見せた信じがたい飛行のことを聞いた。

「自分が鳥になったような気持ちになるのさ」

と言うと、元気に波打ち際を、ただまっしぐらに走りはじめた。

ああ、僕も彼と同じようにできたらなあ。

「できるよ!きみにも」
と今度も、彼は僕の考えていることをキャッチした。

僕の横まで戻ってきて、
「さあ、一緒に鳥のように、走ったり、飛んだりしよう!」
とはげましながら僕の手を取った。

その途端に、全身に大きなエネルギーを感じた。

そして、海岸を彼と一緒になって走りはじめた。

「今だ!飛び上がろう!・・・」

彼は僕よりずっと高く飛べるので、僕の手を取って上にひきあげてくれた。

ほんの少しの間だけど空中に宙づりになったような気がした。

走り続けては飛び上がり、また走っては飛び、一定の高さを何度も、飛び上がった。

「僕たちは鳥だ!鳥だ!」

と僕を夢中にさせるように叫んだ。

いつものように考えるのを忘れ、少しずつ自分の考え方が変わっていくのがわかった。

そして、もう今までの僕ではなかった。

この小さな宇宙人に言われるまま、自分の身体が軽く、軽く、鳥の羽のように軽くなって、そして、少しずつ自分が鳥になったのだと言い聞かせた。

「ほら、今だ・・・飛んで!」

実際、空中に数秒の間だけど、浮かんでいることができるようになった。ゆっくりと着地して、また次の飛行のために走り続ける。

あらたに飛行を試みるたびに、浮いている時間が長くなっていくのは、自分でも信じられなかった・・・。

「驚かないで・・・、ほら、できるよ・・・今だ!」

繰り返すごとに前よりうまくいった。

スローモーションのように夜の海岸をゆっくりと走っては飛び上がった。

満月が照り、空一杯に星が輝く夜だった。

まるで別世界にいるようだった。まったく別の生き方があるようだった・・・。

「そう、その調子だ!」

と言いながら、ついに彼は僕の手を離した。

「ほら飛べるよ。飛べるんだ!」

僕の横を飛びながら、僕に自信を与えるように言った。

「今だ!」

ゆっくりと上昇して、宙にしばらく浮かんだあと、手を翼のように大きく広げて、滑るように降りた。

「ヤッホー!やった、やった!」

その夜、どのくらい遊んだだろう。

まったく夢のようだった。しばらく夢中になったあと、少し疲れを感じて、夜の砂浜に身を横たえた。息をハーハー言わせながら、とても幸せに満ちた気持ちだった。

僕にとってあれは何かとてつもない、信じられない経験だった。

口に出して彼に言ったかどうか、今はっきりとは覚えていないけれど、絶対に 不可能と思い込んでいたようなことを、現実に体験させてくれたこの不思議な友だちに、 感謝の気持ちで一杯だった。

そして、それから、まだまだたくさんの驚くべき出来事が僕を待っていたとは、 あの時点ではとても想像できるはずもなかった・・・。

入江の反対側にある温泉場の光が見えた。彼は月の光を浴びた砂浜に身を横たえて、海面にチラチラとうつる月の光に、うっとり見とれていた。

やがてその満月を見て笑って言った。

「なんて美しいんだろう。あの月は!宙に浮いたままけっして落ちてこない。ペドゥリート、きみの星はとても美しいよ」

僕は一度もそんなことを考えてもみなかったけれど、彼に言われてみると、たしかにそう感じた。

夜空にまたたく大小の星、広い海、白い砂浜、そして、決して落ちてこない月・・・。

「きみの星は美しくないの?」

彼は空の一点を凝視したまま、残いため息をついてこう言った。

「ああ、もちろん美しいよ。そして、みんなそのことを知っていて、とても大切にしているんだ・・・」

僕たち地球人のことをあまり良くないと、彼が言っていたことを思い出し、その良くない理由のひとつがわかったような気がした。

僕たちは自分たちの地球を大切にもしなければ、守ろうともしない。それどころか、平気で壊してさえいる。でも彼らは自分たちの星をとても大切にしている。

「きみ、なんて名前?」

僕の質問がおかしいらしかった。

「言えないよ」

と少し笑って言った。

「どうして?・・・秘密なの?」

「とんでもない!秘密なんか、何もないよ。きみたちの言葉には、それをあらわす音がないんだよ」

「それって?」

「僕の名前の音だよ」

変なアクセントだけど、僕たちの言葉を話しているとばかり思っていたので驚いた。

「じゃ、どうやって、僕たちの言葉を勉強したの?」

「話すことも、理解することもできないよ・・・。もし、これがなかったらね」

と笑ってベルトにつけてあった小さな器械を、手に取った。

「これは、”翻訳器”で、この小さな箱のような器械は、きみの頭脳を光の速さで走査して、僕にきみの言おうとしていることを、伝えてくれるんだ。だからきみの言うことが理解できるというわけだ。僕が言おうとするときは、きみと同じように舌や口を動かしてね・・・もっとも完全にはできないけれど・・・

そう言うと、彼は”翻訳器”を元に戻して、砂の上にひざをかかえて座り、じっと海をながめ始めた。

「じゃ、きみのこと、なんて呼んだらいいんだろう?」

「アミーゴ(友だち)と呼んだらいい。実際そのとおりだし、僕はみんなの友だちだからね」

「じゃ、アミって呼ぶことにするよ。そのほうが短いし、ずっと名前らしいからね」

彼はこのニックネームを気に入ってくれた。

「とてもいい。それにしよう!」

二人は、手を取り合って喜んだ。何か新しい大きな友情に巡り合ったように感じた。そしてそれはそのとおりになっていった・・・。

「きみの星は何ていうの?」

「ウム!・・・。これもあてはまる音がないから発音できない。でもあそこだよ」

ほほえみながら、空にまたたく無数の星の一角を指さして言った。

アミが空をながめているあいだ、僕はテレビで何度も見たことのある、宇宙人の地球侵略シリーズものの映画を思い出していた。

「ところで、いつ地球を侵略するの?」

またも僕の質問がおかしかったらしくアミは笑った。

「どうして我々が地球を侵略するって考えるの?」

「知らない・・・でも映画じゃ、宇宙人はみな、地球侵略をたくらんでいるんだ。それとも、みんなってわけじゃないの?」

彼があまりゆかいそうに笑ったので、僕のほうまで一緒になって笑ってしまった。

そのあと、なんとか僕の言いたいことをわかってもらおうと試みた。

「だってテレビじゃいつも・・・」

「そうそう、テレビだ!・・・じゃ、テレビの宇宙人侵略の映画を見てみよう!」

アミはワクワクしながら言って、腰のベルトから別の器械を取り出した。

ボタンを押すと、画面に何か映り出した。それはとても画像の鮮明なカラーテレビだった。
チャンネルを素早く変えていった。

驚いたことには、このあたりでは2チャンネルしかうつらないのに、彼のテレビには、世界中の異なった言語の、異なった国の人たちによるいろいろな映画、生放送番組、ニュース、コマーシャルなどが次々にうつし出された。

「まったく、なんてバカバカしいんだ!侵略者の映画なんて・・・」

と楽しそうに笑いながら言った。

「何チャンネル、出るの?」

「地球でいま放送されている全てのものが出るよ。それはみな我々の衛星がキャッチして、それを増幅するんだ。あっ、いま、オーストラリアのがうつっている!見てごらん」

画面に赤い血管の浮き出た、沢山の目をもった、タコのような頭をした生きものがあらわれ、恐怖におののいて逃げ回る群衆めがけて、緑色の光線を放っている。

アミは、愉快そうに、これを見ていた。

「まったく信じられないね。これじゃ、まるで喜劇だよ。そう思わない?ペドゥリート」

「どうして?」

「こんな怪物は、これを考え出した人間の頭の中にしか、存在していないんだよ・・・」

僕はこれまでいろいろな邪悪で、恐ろしい宇宙人の映画をたくさん見てきたので、急にそう言われても直ぐに頭を切りかえるのはムリだった。

「地球だって、イグアナとかワニとかタコとか、他にもいろいろな奇妙な動物がいるんだもん、どうして他の世界に全然いないなんて言えるの?」

「そりゃー、そういう変わった動物はいるにはいるけど、ピストルや光線銃をつくったりすることなんかできない。たんなる動物だから、そんな高等な知能は持っていないんだよ」

「でも知的で邪悪な生物がいてもおかしくないじゃない・・・」

「知的で邪悪、だって!」
アミは、大笑いをした。

「それじゃまるで善良な極悪人と言っているようなもんだよ」

じゃ、映画に出てくるバットマンやスーパーマンのライバルの、すごく悪い科学者たちはどうなんだろう?

アミは僕の考えていることをキャッチして笑った。

「その科学者たちは、気がふれているんだよ。インテリなんかじゃなくてね」

「だったら、頭のおかしい科学者のいる世界があって、いつか地球を破壊しようとしていてもおかしくはないだろう・・・」

「それはちょっと、地球以外では考えられないね・・・」

「どうして?」

「もし、その人の頭がおかしいとしたら、まず、ほかの惑星を侵略するのに必要な科学の水準に達する前に、必ず自分たちで、自分たちの首を絞めるようなことをし始めるよ。

だって、爆弾をつくることのほうが、宇宙船や円盤をつくって、他の星を侵略するよりも、ずっと簡単なことだからね。ある程度の科学の水準に達した、でも、優しさや善意の欠けた文明は、必ずその科学を自滅するほうに使い出すんだよ」

「でも、いくつかの惑星は、それでも偶然生き延びられるかもしれないよ・・・」

「偶然?それどういう意味?我々の言葉には、それに相当する言葉がない」

いろいろな具体例を出して、やっと説明できたとき、彼は笑って言った。

「全てのものは、みな関連し合って成り立っているんだ。偶然なんてひとつもないんだよ。でも、その連結している法則がどんなものか理解できないでいるか、あるいは、わざとそれを見ないようにしているだけのことなんだよ」

「でも、きみの言うように、もし百万もの世界があるのだとしたら、いくつかの例外があったとしても、少しも不思議じゃないよ」

僕は、知的な侵略者のいる可能性があると言いはった。

アミは、なんとか僕に理解させようとして言った。

「じゃ、ちょっと想像してごらん。もし、全ての人が、まっ赤に焼けただれた鉄の玉を、素手で握らなければならないとする。その中に、まったく火傷しないですむ人がいると思う?」

「そんなの、みんな、火傷するに決まっているよ。ひとりの例外もなしにね」

「そうだろう。それと同じことなんだよ。全ての悪玉は、自分たちの悪を克服できない限り、結局は自滅するしかないんだよ。誰もこれを支配している法から逃れることができないんだよ」

「その法って?」

「ある世界の科学の水準が、愛の水準をはるかに上回ってしまった場合、その世界は自滅してしまうんだよ・・・」

「愛の水準?」

僕は、その惑星の科学の水準というのは、はっきりわかったけど”愛の水準”というのはよくわからなかった。

「ある人たちには、もっとも単純なことが一番理解しがたい・・・愛とは強さ、振動、エネルギーであり、その効果は我々の機械ではかることができる。

もしある世界の愛の水準が低けりゃ、それだけその世界は、多くの人が不幸で、憎しみや暴力や分裂、戦争などが多く、とても自滅の可能性の高い、きわめて危険な状態にあるんだよ・・・僕の言っていること、わかるかい?ペドゥリート」

「あんまりよくわからない。どういうことが言いたいの?」

「いろいろと説明しなければならない。でも少しずつね。まずきみの疑問から始めよう」

僕にはまだ、怪物の侵略者が存在しないということが、とても信じられなかった。

彼に、とても巧妙に組織されたトカゲの宇宙人が、たくさんの惑星を支配するというテレビのシリーズもののことを話した。

アミは、愛のないところに長続きする組織はありえないと言った。

「この映画の場合、人を義務づけたり、強制したり、けっきょく、最後には反乱・分裂、そして破壊という結果になった。この世には、唯一、普遍的で完璧な、生き延びることを保証しうる組織がある。

当然のことながら、ひとつの文明が進歩するということは、それだけ愛に近づくということなんだけど、それを達成した世界は進歩していて、誰も傷つけるということがない。これは我々よりはるかにすぐれた知性がつくり出したもので、これ以外この宇宙で生きのびる方法はないんだよ・・・」

 

あとになって、アミのおかげでかなりよく理解できるようになったけれど、そのときは、まだ、宇宙にいる知的で極悪な怪物に関しては、疑いを持ったままだった。

「あまりにテレビに害されている!」

と彼は叫んで、こう付け加えた。
「我々の想像する怪物は、我々自身の中にしか存在しないんだ。それらを放棄しないかぎり、決して宇宙の素晴らしさに到達することはできない・・・極悪人は美的でもなけりゃ、インテリでもない」

「でもテレビに出てくるあの悪い女の人はとても美人だけど・・・」

「それは美しくないか、悪でないかのどっちかだね・・・ほんとうの知性とか善意とか美しさはみな結合している。これらは、みな愛へ向かっての進歩がもたらしたものなんだ」

「じゃ、悪い人間は、地球以外この宇宙のどこにもいないっていうことなの?」

「もちろん他にもいるよ、きみが三十分と耐えられない世界だってあるよ・・・この地球にだって百万年前には本物の怪物人間が住んでいた・・・」

「それ、それ、それだよ。僕の言いたいのは」
と勝ちほこって叫んだ。

「アミも知っているじゃないか。やっぱり、僕の言っていることが正しかったんだ。その怪物のことだよ・・・」

「でも、心配しなくてもいいよ。彼らは、我々よりも、下にいるんだよ。上じゃなくてね。ずっと遅れた世界に住んでいて、彼らの頭じゃ、車輪すら考えつくことはできない。だから、ここまでくることも、侵略することもできないんだ・・・」

これを聞いてとても安心した。

「じゃ結果的に言うと、地球人はこの宇宙で一番の悪ということではないんだね」

「もちろんさ。でもきみは銀河系の中で、一、二を争うおバカさんだよ・・・」

と親しみをこめて笑った。僕も一緒に笑い出してしまった。

>> 「アミ小さな宇宙人」第3章 アミと名づけられた宇宙人との会話

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。