宇宙人アミ

「アミ小さな宇宙人」第5章 誘拐!

<< 「アミ小さな宇宙人」第4章 人を幸福にしないシステム

第5章 誘拐!

「さあ家についた。きみはもう寝るかい?」

「うん。もう、本当に疲れ果てた。これ以上、ムリだよ。アミはどうする?」

「円盤に戻って別の星でもひとめぐりしてこようと思う。きみを招待したかったんだけどね・・・そんなに疲れているんじゃしかたがない・・・」

空とぶ円盤に乗れる!こんなチャンス一生に、二度とあるかどうかわからない。

疲れなんかどこかに吹っ飛んで、全身、好奇心とエネルギーでいっぱいになった。

「僕、もう眠くなんかないよ!・・・」

「本当?」

「うん。でも本当に円盤に乗せてくれるんだね?」

「もちろんだとも。でもきみのおばあちゃんはどうするの?・・・」

すぐにおばあちゃんに気づかれないようにして外出するアイデアが浮かんだ。

「夕食をすませて空になった皿をテーブルの上に出しっぱなしにしておく。その後で、まくらを毛布の下に入れて、僕が眠っているように見せかけておくんだ。そうすればもしおばあちゃんが起きても大丈夫さ。今着ている服はそのへんに投げ捨てて別のを着る。音を立てないで注意深くやるよ」

「完璧だ!これできみのおばあちゃんが朝起きる前に戻ってこられる。何も心配はいらない」

全て計画どおりにやった。でも肉を食べようとしたときはなんだか胸がむかついてきて、どうしても食べられなかった。

数分後には僕たちは海岸のほうに向かって歩いていた。

「どうやって、きみの円盤に乗ったらいいの?」

「僕が、泳いでいって円盤を取ってくるよ」

「海の中に入っても寒くないの?」

「うん。この服はきみが想像する以上に暑さや、寒さに耐えられるようにできているんだ。じゃ、僕は円盤を取りに行ってくる。きみはここで待っていてね。でも円盤があらわれたとき、けっして驚いたりしちゃいけないよ」

「うん。僕、もう宇宙人は少しも怖くないから大丈夫だよ」

アミのちょっとおせっかいで不必要な忠告がおかしかった。

アミは波静かな海のほうへ向かい、身を沈めて泳ぎはじめた。ちょうど月は暗い雲の影
に隠れはじめていたので、しばらくして彼の姿は闇にまぎれ、すぐに僕の視界から完全に消えた・・・。

アミと遭遇してから、今はじめてひとりきりになって考える時間を持った。アミ?・・・宇宙人!・・・本当だろうか、それとも夢でも見ていたのだろうか?

ずいぶん長いあいだ待った。不安になりはじめた。だんだん怖くなってきた。まっ暗な、恐ろしいほどさびしい海岸に、たったひとりきり・・・そして、これから、宇宙人の円盤と直面する・・・。

想像が生み出した怪しく動く影が、ちらちらと岩のあいだや砂浜や水の中から見えてきた。

もしアミが子どもに扮したした邪悪な宇宙人で、善良にふるまって僕の信頼を勝ちとろうとしているのだとしたら?・・・。

いやいや、そんなことはない・・・でも、ひょっとして宇宙人に誘拐されるのでは?・・・。

そのとき、僕の目の前に驚くべき光景があらわれはじめた。

水中から、緑がかった黄色い光がゆっくりと、浮上してきた。沢山の光を放って回転するドーム状のものが、海面から顔を出しはじめた・・・本当だったんだ!僕はぼうぜんとして別世界からきた円盤に見入っていた!

いくつもの光った小窓のある、楕円形をした空とぶ円盤の本体がついにあらわれた。

その小窓は、銀と緑色の中間のような光を放っていた。想像を超えた光景だった。

僕は全身、はげしい恐怖におそわれた。今まで起こったことと言ったら、ただ宇宙からきた子どもと話すことぐらいだった・・・子ども?でもアミは本当に子どもなの?善良な顔の・・・もしかしたら仮面だったかも・・・。

真夜中の海岸にひとりきりで、別の世界からきた円盤をまのあたりにしている・・・それは僕を遠くの世界につれ去ろうとしているUFOかもしれない。そう考えた瞬間、僕はアミのことも、彼の言ったことも全て忘れた。

僕にとって、あのとき、円盤はまさに地獄の機械と化していた。

沢山の残酷な怪物が、どこか宇宙の薄暗い世界から僕を誘拐しに来たように感じたんだ。

しかも、円盤は落下したとき見たよりも、ずっと大きく感じられた。

円盤は水面三メートルほどの高さに浮いたまま、僕のほうにだんだんせまってきた。

全く音を立てず、いやおうなく近づいてくるその静けさと言ったら気が遠くなるくらいだった。

逃げ出したくなった。宇宙人なんかと知り合いになるんじゃなかったと後悔した。

時間が逆戻りしてくれたらと願った。おばあちゃんのそばで安全に静かに自分のベッドで眠っていたかった。

普通の子どもでいて普通に生活して、こんなこととはかかわりたくなかった。

走り出すこともできない。僕を知らないところへ、ひょっとしたら宇宙動物園かどこかにつれ去ろうとしているのかもしれない・・・あの光る化け物から目をそらすこともできない。あれは全くの悪夢。

円盤が僕の頭の上に来たときは、もうこれで最後だと思った。円盤は腹部から黄色い光を発していた。

その黄色いスポットライトを浴びたときはもう絶対死ぬと思った。まな板の上のコイ同然だった。神にみたまをあずけ、神のおぼしめしにしたがおうと思った…。

エレベーターのようなものに乗って自分の身体が上昇していくのを感じた。

しかし、足は宙に浮いたままだった。ただもうあのタコの頭をした残忍な血走った目玉の怪物があらわれるのを待つだけだった・・・。

突然、足がふわっとした床の上におり立った。足元にはじゅうたんがしかれ、壁布の貼られた明るく快適な空間にいる自分に気づいた。

善良な子どもの大きな目をしたアミが目の前に立っていた。

彼の優しいまなざしが僕を落ちつかせ、彼が教えてくれたあの美しい現実に少しずつ戻らせてくれた。

アミは僕の肩に手をおいて、
「落ちついて、大丈夫だ。何も怖いことなんかないよ」と優しく言った。

やっと気持ちが静まり、話せる状態になったとき、少しほほえんで彼に言った。

「とっても怖かったよ・・・」

「それはきみの野ばなしになった想像力のせいだよ。コントロールのできない想像力は、それが生み出した恐怖で人を殺すこともできるし、善良な友だちばかりの中でも化け物を生み出すこともできるんだ。我々の内部の生み出した想像の化け物をね。でも現実はもっと単純で美しいものなんだよ・・・」

「じゃ僕は今UFOの中にいるの?」

「UFOは未確認飛行物体のことだけど、これははっきりと確認されている。これは空とぶ円盤だ。でもUFOと呼びたけりゃそう呼んでもいいし、僕のことを火星人と呼びたけりゃそう呼んでもいいよ。ハッハッハッ」

二人で笑ったときには、それまでの緊張も怖さもすっかり吹きとんでしまっていた。

「操縦室へおいで」

彼は僕を誘った。とても小さいアーチ型の戸を通り、別の部屋へ行った。前の部屋と同じく天井がとても低かった。

目の前に楕円形の窓に取り囲まれた、半円形の部屋があらわれた。

まん中に三つのひじ掛けのついたリクライニングチェアがあり、その前に計器盤があり、その向こうに、いくつものスクリーンがあった。

イスの大きさにしても、天井の高さにしても、子ども用につくられている。あそこには、どんな大人も入ることができない。手をあげれば僕でも天井に手が届いてしまう。

「すごいなあ!・・・」

と感動してさけんだ。アミは中央のイスに座り、僕は外を見ようと窓に顔を近づけた。窓ガラスを通して遠くの温泉場の光の輝きが見えた。

わずかな振動を床に感じた。村はみるみるうちに小さく見えなくなり、星ばかりが目に入った・・・。

「ねえ、温泉場はどうしたの?」

「下を見てごらん」
とアミが言った。

入江の数千メートル上空にいる。めまいを感じるくらいだ。

海岸沿いの村々がみな目に入った。僕の村はずっとずっと下のほうにある。一瞬のうちに何も感じな今ま数千メートルも上昇してしまった。

「ヤッホー!最高だ」

僕は感動でうちふるえんばかりだった。しかし突然その高さにめまいを感じた。

「アミ・・・」

「何?」

「これ絶対、墜落しないの?…」

「もし、飛行中に誰かが嘘をついたとすると、装置が停止してしまう場合があって・・・」

「じゃおろして!おろしてよ!お願いだから」

彼の高笑いで、それが冗談だということがすぐわかった。

「下からこの円盤は見えないの?」

アミは計器盤の楕円形のランプをさしながら、
「ここのランプに光がつくと我々の円盤は視覚可能な状態になる。今のように消えているときは誰にも見えない」

「見えないだって?」

「うん、ちょうど僕の隣に座っているこの人と同じようにね」
と言って横の空席を指さした。

一瞬、びっくりしたけど、彼の笑いからこれも別の冗談だとわかった。

「でも、どうやったら見えなくできるの?」

「自転車の車輪がはやく回転しているとき、スポークは見えないだろう。あれと同じように、我々はこの円盤の分子がはやく動くようにするんだ」

「ヘーェ、うまくできているんだな。でも下から円盤が見えたらいいのになあ・・・」

「勝手にそうするわけにはいかないんだ。この円盤が未開文明の世界にいるときは、視覚可能か不可能かの決定は、”救済計画”の方針にしたがって決定されるんだ。それはこの銀河系の中心にある”スーパーコンピューター”が決めることなんだよ・・・」

「よくわからないな。それどういうこと?」

「この円盤は、視覚可能か不可能かを決める指令を出す”スーパーコンピューター”と直結してるんだよ」

「でも、その”コンピューター”は、どうしてそんなことまでわかるの?」

「”スーパーコンピューター”は何でも知っているんだよ。ところで、どこか行きたいところはない?」

「じゃ、首都がいい!僕の家を空からながめてみたいから・・・」

「わかった。じゃ、行こう!」

アミはいくつかのコントロール装置を動かし「はい!」と言った。

窓から途中の光景を楽しみたいと思っていたら、あっという間についてしまった。

百キロメートルを移動するのに一秒すらかからなかった!とてもびっくりして感動してしまった。

でもこれでは旅行するにはあまりにもあっけなさすぎる。

「前にも言ったように我々は普通、”飛行”ということはしないで”位置する”・・・これは座標のことなんだけど”飛行”することもできないわけではない」

ネオンにかざられた大通りを見おろした。空からの夜の都会は信じられないくらい美しく見えた。

僕の住んでいる地区をつきとめたので、アミにそっちに行くようにたのんだ。

「ゆっくりした”飛行”でね。空の散歩を楽しみたいから」

計器盤のランプは消えている。誰も僕たちを見ることができないはずだ。

円盤は夜空の星と町の灯りのあいだを、ゆっくりと音をたてずに進んだ。

僕の家が見えてきた。空から見るのはまた格別なことだった。

「家の中が無事かどうか確かめてみるかい?」
とアミが聞いてきた。

「うん。でもどうやって?」

「この画面を通してさ」

アミの前に大きなテレビのようなものがあった。空からうつした通りがあらわれた。

それは眠っているおばあちゃんを見たときと同じシステムだったけど、大きな違いといったら映像が奥行きをともなって立体的に見えることだった。

画面の中のものが手に取れるようだったので、実際に手を入れようとしたら、表面のガラスに手がぶつかってしまった。

これを見ていたアミはとてもおもしろがった。

「みんな、同じことをやる・・・」

「みんな?みんなっていったい誰のこと?」

「きみはひょっとしたらこの円盤に乗った、唯一の未開人だとでも思っていたのかい?」

「うん、そうだと思っていた」
といくらかがっかりして言った。

「そうじゃないさ」
とアミが答えた。

カメラの焦点のようなものが家の天井を通過するように感じた。すると僕の家の隅々がうつし出された。みなきちんと整っていた。

「どうしてきみの小型テレビは、この大画面のように立体的には見えないの?」

「前に言ったように、あれは古いシステムなんだよ・・・」

町をひとまわりするように彼にたのんだ。

まず、僕の学校の上を通った。校庭やサッカー場や、教室が見えてきた。

あとで「空とぶ円盤に乗って上から学校を見た」と同級生たちに話したら、とてもうらやましがられるだろうと想像した。

町の上空をくまなく散歩した。

「昼でないのが残念だなあ」

「どうして?」

「きみの円盤から昼間の町や風景が見られたらいいなと思ってね・・・」

いつものようにアミは、僕が言うことを聞いて笑った。

「じゃ昼間にしようか?」
とアミが言った。

「でも、いくらきみの力でも、太陽を動かすのはちょっとムリだと思うけどね。それとも、そんなことまでできるの?」

「もちろん太陽を動かすのはムリだけど、僕たちが動けばいい・・・」

そう言ってアミは操縦桿を動かした。円盤はすさまじい速さで動きはじめた。

アンデス山脈の上をほんの三秒ほどでとび越した。超高度に到達してしまったために、いくつかの都市が光のしみのように見えた。

そして、あっという間に月の光を浴びた巨大な大西洋が目の前に広がった。いくつもの大きな雲のかたまりが視野をさえぎった。

水平線に向かうにつれて視界が晴れてきた。

僕たちは東のほうへ進んでいる。陸地が見えてきた。太陽はかなりの速さで昇りはじめた。それは本当に想像を絶する光景だった。

アミが太陽を動かした!ほんのわずかのあいだに昼間にしてしまった。

「どうして太陽は動かせないって言ったの?」
アミは僕の無知を楽しんでいた。

「太陽は動かない。僕たちがすばやく動いただけだよ」

すぐに自分の間違いに気づいたけど、それほど致命的な間違いではないと思った。

地平線から信じられないスピードで太陽が昇るのを見るのは本当に素晴らしかった。

「今、どのあたりにいるの?」

「アフリカだよ」

「アフリカ?でもほんの一分くらい前には南アメリカにいたじゃない!」

「きみが昼間にこの円盤で飛行したいって言うから、昼間になっているところにきたまでの話だよ。向こうからこないなら、こっちから行ってやる。それだけのことさ・・・。アフリカのどの国へ行ってみたい?」

「えーと・・・インド!」

彼の笑いは僕の地理の知識がどれほどお粗末であるかを示していた・・・。

「じゃ、アジアへ行こう。インドへ。インドのどの都市がいい?」

「どこでもいい。きみの好きなところで・・・」

「ボンベイはどうだい?」

「うん、最高だね。アミ」

アフリカ大陸の上空をすごい速度と高度で通過した。

あとになって、僕は家で世界地図を見ながら、この旅行を正確に再現することができた。

インド洋に着き、そこを横切っているあいだ、太陽はめまいがするような速さで上昇していった。

突然インドの上空についた。急ブレーキをかけ、円盤はぴたりと静止した・・・。

僕は驚いて、
「どうして、こんな急ブレーキをかけたのに、僕たちは窓にぶつからないの?」

「なーに、慣性をうち消してしまうだけのことだよ・・・」

「あーあ・・・なんて簡単なんだろう・・・」

>> 「アミ小さな宇宙人」第6章 スーパーコンピューターと愛の度数について

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。