宇宙人アミ

「もどってきたアミ」からわかる【宇宙の真実】 まとめ記事

宇宙人アミ2巻目「もどってきたアミ」から宇宙の真実について述べている箇所だけをまとめました。
時間の無い人もこのページを見るだけで宇宙の真実についてわかるように作っています。

■宇宙は入れ子構造になっている

銀河系全体はひとつの大きな生命体であって、我々はそのきわめて小さなミクロ的な部分だということなんだ。
だから当然、銀河系は我々よりも限りなく高い意識を持っていて、はるかにインテリな存在なんだ。
もし君の身体のある細胞が、君の右手の小指の爪の一細胞に向かって、君のことをインテリだと言ったら、そう言われた小指の爪の一細胞も、今の君と同じぐらい驚くだろうよ。
気の毒にもたんに死んだかたまりでしかない君は、宇宙の中でもっとも重要な創造物だと思いこんでいる小指の爪の、一細胞に生命を与えるためだけに生きている存在でしかないとね。

■宇宙の全てが遊び

一般的に言って、暑いところに住んでいる人は陽気な傾向にある。
寒いところに住んでいる人の遊びはずっとおだやかだ。
でも、宇宙の全てが遊びなんだよ。
それぞれにみな独自のスタイルがある。
世界、村、施設、そして一人ひとりがね。
ある人は未開人のような恐ろしい遊びが好きだ。
彼らの遊びは”神の遊び”からずっとかけ離れている。
また、別の人たちはもっと進歩した遊び、より平和な遊び、みんなのための、愛に基づいた遊びが好きだ。
こっちのほうがずっと宇宙の真実の方向に近いんだよ。

◆人生とは

宇宙とは神の想像による創造なんだ。
それは芸術であり、一種の遊びだよ。
人生とは、”遊びのルール”の本当の意味を魂が正しくとらえることができるようになるまで、学び続けていくことなんだよ。
人生には、我々をまっ直ぐ幸せに導くためのたったひとつの秘密、たったひとつの方法があるんだよ。

◆その方法は行儀よくふるまうこと?

行儀よくする、という言葉は、いろいろな意味にとれる。
もし怒られるのがイヤで規約や命令を守るのだとしたら、それは幸せには結びつかない。
でも、その言葉には、幸せへと確実に導く別の意味もあるんだよ。
幸せな人生を生きるための唯一の秘密、たったひとつの方法、それは愛とともに生きることだ。

◆愛については前にも言ったと思うけど

もちろん言ったよ。いろいろかたちを変えてなんども言われてきていることだ。
いや何千回と言われてきていることだよ。
宇宙の全ての偉大な師は、それ以外のことは言わなかった。
全ての本物の宗教は全てそれを説いている。
もし、それを説いていなかったとしたらその宗教は本物じゃない。
だって宇宙の基本法にのっとっていないからね。
愛に悶して少しも新しいものはない。宇宙でもっとも古いものだ。
それなのに愛とは感情的な、センチメンタルなことであり、人間の弱さであり、愛を云々するのは、バカのすることであると思っている人は、数えきれないほど沢山いる。

◆愛の必要性

人間にとって本当に良いこと、素晴らしいこと、それは必ず知能や理論、物質的収益やずる賢さ、あるいは、肉体的な強さのほうにあると思いこんでいる。
これじゃまるで外の綺麗な空気を軽蔑して、洞穴の中で窒息しかけている原始人みたいなもんだよ。
この人間のもっとも基本的なもの、つまり愛の必要性は何度繰り返しても、いくら言っても言い過ぎるということはない。
中にはそれを知っている人もいる。
でも、仮に知っていたとしても自分の人生でそれを実践しようとしないし、十分ではない。
それでは、決して幸せにはたどりつけない。
人や社会や世界にとって、もっとも基本的で必要なものが愛であるということ。
これはいくら言い続けても十分ということはないんだよ。

◆滅亡から救われるには

ある世界がその破滅から救われるための、唯一の力が愛であると認識したときに、はじめてその世界は生きのびることができる。
文明の基本としての愛を認識できないでいる限り、その惑星はつねに滅亡の危険にさらされるんだ。
だってライバル意識や混乱が消えないからね。
それが今、君たちの惑星で起きていることなんだ。
このような危険な時期に、人類の救済に貢献する仕事ほど重要なものはないんだよ。

◆原因と結果

もし、豊かな収穫を望む農民が、畑に全く種もまかなければ水も肥料も与えず、ただ神に祈ることだけに専念したとする。
いくら祈ったにせよ、これでなんらかの収穫が得られると思う?
もし、石を頭の上に投げたとしたら、石は必ず頭の上に落ちてくるよ。たとえ、どんなに神に祈ろうとね。
花の種をまけば花が手に入る。いばらを植えればいばらが手に入る。

◆惑星の内部には第四段階の文明がある

地球のように外部に第三段階の文明がある世界だよ。その惑星の内部には第四段階の文明があるんだよ。
それなのに第三段階の人たちは第四段階の文明が存在していることを全く知らないでいるんだ・・・

◆海底に巨大な宇宙船

海底にある文明、それに人間によってつくられた完全に人工的な世界。
それは君たちの想像の枠をはるかに超えたものだ。
じつはそれはなんと巨大な宇宙船のことなんだよ。
それが、もっとも優れた文明のかたちなんだ・・・宇宙に文明は数百万とあるんだよ。

■宇宙の教育システム

宇宙の教育システムっていうのは段階的につくられているんだよ。
ある段階にいる人がその上の段階にあがれるように手だすけできるのは、直ぐ上の段階にいる人たちだ。
つまり、下の段階にいる人は、直ぐ上の段階にいる人によって助けられるわけだ。
まだ自分が低いレベルにいるにもかかわらず、高い次元の師や、いやそれどころか神自身を要求して、自分よりは一段階、あるいはもっと上の段階にいる人を平気でけいべつする人が少なくない。

◆近い段階の指導者

その指導者が仮にずっと上の段階のことはわからなくても、ずっと下の水準にいる人にとって、それはどうでもいいことなんだ。
自分より少しでも上にいる人の教えてくれたことをきちんと消化することができれば、それで十分なんだ。
まだ足し算も引き算も知らない生徒にとって、たとえその先生が高度な数学をよく知らなかったとしても、そんなこと全く問題にならないだろう。
まず最初にどうやって愛を手に入れるかを勉強することだ。
そして、いつか高い水準に達したときにはじめて、高い水準の人を師とすることができるんだよ。

◆その師って誰?

地球のある太陽系の中で一番進化した魂だ。
太陽の人たちのひとりだよ。

◆名前は存在しない

精神に関したことに身分証明書のようなものは存在しないんだ。
精神の世界では、分類や分離といった想念は消滅してしまっているんだよ。
ただ人が、勝手に分類し、ふり分け、限界や境界をつくってしまうんだ。
心の中に愛があるときには、宇宙は全て一体となったひとつの大きな存在だっていうことに、今に気がつくようになるよ・・・

◆太陽の師

その太陽の師が全ての偉大な師にインスピレーションを与えているんだね
そのとおりだよ、ペドゥリート。このことがはっきりわからない限り、地球に平和はありえないよ。
宗教的な分裂は国境やイデオロギーの分裂と同じように、あるいはそれ以上にとても危険なものなんだよ。
宗教の意味が愛を実践することだということがはっきりと理解できないでいる限り、宗教や師の名をはり合ったところでなにも得るものなんかないんだ。

◆太陽の師は人間のかたちをしているの?

うん、神じゃないからね。たとえ神の意志にしたがって行動しているにしても。そしてその上には銀河系の精神的な、霊的な長がいるんだ。さらにその上にこの宇宙の全ての銀河系を統治している精神があるんだ。
その上を四次元が統治して、その上に五次元・・・といったぐあいに次々にね。

◆神は自分の中に

神はいつも君のハートの中にいるよ。
君は名前をつけるのが好きだからインティモ(心の奥底)とでも呼んだらいい・・・

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。